角質ケア

化粧水が肌に入っていかないと感じている場合、古い角質が分厚くなって水分の浸透を妨げている可能性があります。 この原因は紛れもなく、紫外線によるもの。紫外線は肌の弾力やハリを減少させ、肌表面を乾燥状態にするなど、肌への影響は大。さらに、これらの外的要因から肌を守ろうとして、角質が分厚くなってしまうのです。そんなときに行うべきケアは蓄積した古い角質を除去すること。 角質ケアの方法には、ピーリングや拭き取り美容液、酵素洗顔などがあります。ご自身の肌状態に合わせて、できるだけ低刺激なケアを選んでくださいね(言わずもがな、ピーリングは刺激が強めです)!

保湿ケア

角質ケアが完了したら、次に力を入れるのが保湿ケア。古い角質が取れると、水分の侵入口が確保でき、肌に浸透しやすくなります。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が入ったものを使うのがおすすめです。 化粧水をより浸透させるには、手をぬるま湯などで温めたり、スチーマーなどで毛穴を開いてから行うのが効果的。週に1?2回はコットンパックやフェイスパックで集中ケアをするのも◎。(言わずもがな、ピーリングは刺激が強めです)!